Scilab 5.3.2 リリース

Scilab 5.3.2 がリリースされています.

Scilab 5.3.1 にあった SciNotes の日本語入力の問題は修正されているようです.

広告

コメント / トラックバック4件

  1. Scilab-5.3.2を使っています。モジュール管理(ATOMS)を使って、Modelicaライブラリをロードし、Xcosで使うということは出来るでしょうか。
    ScilabとMATLAB/Simulinkを使っていますが、メンテナンス料金を考えて、Scilabにシフトしようかと考えています。
    宜しくお願いします。

    • Modelica ライブラリは標準インストールでインストールされます。ただ、Windows の場合は別途Cコンパイラをインストールしなければなりません。参考

      • ご返事ありがとうございます。
        私が行ったのは以下の通りです。
        (1)ScilabのデモでXcos->Modelicaデモ->跳ねる球をシミュレーションすることは出来ます。
        (2)シミュレーションの際、条件を変更してコンパイルして再度シミュレーションを行うとその通りの実行します。
        (3)以上よりScilabは正常にインストールされていると思います。

        そこで疑問です。
        (Q1) Dymolaで使用するブロックの形状とXcosで使用するModelicaブロックでは、種類も形状も異なるもの?
        (Q2) Modelicaライブラリではもっと種類が多いと思いますが、それらはScilabにインストールされているのでしょうか?
        (Q3) Modelicaライブラリで今後 追加されるブロックは、Xcosにできるでしょうか。(これができれば電力シミュレーションもできると思っています)

        以上、長くなりましたが、ヒントでも頂けますと大変助かります。
        宜しくお願い致します

      • そもそもDymolaは知りませんのでご質問にお答えすることはできません.また,それ以外のご質問にも開発元でないのでお答えすることができません.Modelica とその実行環境についてお調べになることをお勧めします.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。